2013/12/29

レープクーヘン

100_5598.jpg

クリスマス、終わってしまいましたが、今年のクリスマス市で買った飾り用のレープクーヘンが

あまりにも可愛かったのでご紹介です。ハート型の飾り用レープクーヘンは、Lebkuchenherz といいます。


左が "Alles Gute アレス・グーテ 良いことがあなたへあるように、幸せを祈ります"  右が "Ich liebe dich イッヒ・リーベ・ディッヒ 愛しています"


ふだん見かけるレープクーヘンとデザインが違い、一目見て、お~!とその美しさに感動してしまいました。


100_5596.jpg
このお店で購入。どれもかわいくて目移り。


レープクーヘンはハチミツや香料入りの焼き菓子ですが、ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家の、あのお菓子なんですね。もう本当にメルヘンチックで可愛らしく、大好きです。


左のは東京の実家に送りました。姪っ子たちにあげてくれたようです。


これは一応食べられれますが、固いので普通はあんまり食べないみたいです。賞味期限が1年以上と長いので、ずっと楽しめます。もっとも、3年前に買ったハートのレープクーヘンはカビなど生えず、保存できているので、数年は毎年、クリスマスになったら箱から出して飾れそうです。


ドイツに興味をもったら…

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

 旅行会話から試験対策まで、楽しくわかりやすいドイツ語レッスン!マンガやレシピ本、新聞まで、あなたのご興味に合わせたテーマでオリジナルのテキストを作成します。楽しみながら勉強しているうちに短期間で文法が身につき、会話もできるようになりますよ~!
ドイツ語塾 スカイプドイツ語会話

 ドイツにご旅行の方へ!携帯を使って通訳いたします
私の通訳者「マイ・インタープリター」

 イタリア語の楽しいレッスン、トスカーナの大自然、おいしそうなサフラン...
イタリアについてはこのブログがお勧め!








2013/12/21

ジャンダルマン・マルクトのクリスマス市

100_5639.jpg

ベルリンで最も美しい広場と言われる、ジャンダルマン・マルクトのクリスマス市に行ってきました。
ベルリンのど真ん中にある広場です。



100_5641.jpg

ジャンダルマン・マルクトの中心には、コンツェルトハウスという旧東ドイツの立派なコンサートホールが立っています。


プロイセン王室の建築家カール・フリードリヒ・シンケルが設計し、1821年に完成しました。ギリシア建築にならった、新古典主義の建築。ベルリンには彼が設計した建物がいくつもあります。


西ベルリン生まれの夫は、まだ壁があった時代、テレビの中継でこのホールからの演奏を聴いたといって懐かしがっていました。


西のベルリンフィル、東のコンツェルトハウス、という具合に、ライバル関係にあったのですね。


さて、このクリスマス市、珍しいのは入場料を払うということ。1€ ですけど、ふつうはこんなことはないので、ちょっとびっくりします。


そして、もう一つの驚き、ものすごい人で溢れ返っていて、途中先に進めなくなること!


こんな混雑、ベルリンではめったにない。東京の雑踏にいるようでした。


ベルリンの中心部ということもあり、世界中から観光客が押し寄せるみたいで、各国語が飛び交っていました。


気のせいか、フランス人が多かったかなあ。そもそもこのエリアは、17世紀にフランスから移住してきた人たち(ユグノー)がたくさん住んでいたので、フランスと縁が深いのです。

ユグノーはカルヴァン派プロテスタントで、ルター派プロテスタントの街・ベルリンとは宗派が違うのですが、時の王様はユグノーを保護して、彼らが独自の教会を立てることも許可しました。それが、コンツェルトハウスのそばに立っている、フランスドームです。


同じ時期、このフランスドームの向かいに、ルター派の人々のための教会も立てられました。これがドイツドーム。どちらもベルリンの観光スポットです。


さて、雑踏の中を、私は焼き栗、夫は砂糖がかかったアーモンドを食べながら、クリスマス市をいろいろ見て回りましたが、とても洗練されていて美しいです。少々、商業色が強い印象もありましたが、全体的には素敵でした。

100_5648.jpg
ビオのお店で、全粒粉パンと、手前のクッキーを買いました。


100_5640.jpg
お香を入れるおうち

100_5642.jpg
エルツ山地の木の人形


最近は気温が7℃ぐらいあって暖かく、外にいても全然寒くありませんでした。
楽しい時間を過ごせました。



ドイツに興味をもったら…

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

 旅行会話から試験対策まで、楽しくわかりやすいドイツ語レッスン!マンガやレシピ本、新聞まで、あなたのご興味に合わせたテーマでオリジナルのテキストを作成します。楽しみながら勉強しているうちに短期間で文法が身につき、会話もできるようになりますよ~!
ドイツ語塾 スカイプドイツ語会話

 ドイツにご旅行の方へ!携帯を使って通訳いたします
私の通訳者「マイ・インタープリター」

 イタリア語の楽しいレッスン、トスカーナの大自然、おいしそうなサフラン...
イタリアについてはこのブログがお勧め!








2013/12/06

自分で作るグリューヴァイン(アルコール・砂糖なし)

100_5579glü2


グリューヴァイン(グリューワイン)はドイツの冬の風物詩。


クリスマス市の夜空に漂う甘いシナモンやアニスの香りが大好きです。


私はお酒はあまり飲まないようにしているので、赤ワインベースの普通のグリューヴァインは


ちょっとキツイ。それに大量の白砂糖が入っているので、避けたいところです。


学生のとき、パーティーでドイツ人の友人たちがグリューヴァインをつくってくれたのですが、


筒のような巨大な塊の白砂糖がワインの鍋に入っていくのを見て、仰天したことがあります。。。


すごい甘さなんです。


ということで、アルコール・砂糖なしのグリューヴァインを自分で作ることにしました。


とても簡単に作れるんですよ。


果実のジュースに香辛料を入れて、熱を加えるだけ!


ジュースは、ぶどう、黒スグリ(カシス)、りんごなどを好きなようにミックスします。


100%のストレート果汁のジュースを使った方がいいでしょう。


私は1回目に作ったとき、ぶどうだけでもいいと思いましたが、今回は黒スグリと半々にしてみました。ネットのレシピでは黒スグリを使っているものがけっこうありましたので、お試しで。


ジュースを入れた鍋に、カルダモン、アニス、オレンジとレモンの皮、シナモン(私は粉にしましたが、スティックの方がいいみたい)、丁子(クローブ)を入れます。固形のものは砕いてから入れます。量はお好きな量を、少しずつ入れてみてください。物足りなかったら、後で加えればいいので。


火にかけ、沸騰させないようにして5分ぐらい煮ます。濾して、カップに注いだら、出来上がり。


熱々をすするのがいいので、カップは温めておきましょう。

100_5585 glü

ビオカンパニーで買ったブレーツェルと一緒に。

本物のグリューヴァインと区別ができないぐらい、というか、もっとフレッシュでおいしいグリューヴァインです!

砂糖が入っていないのにとても甘い。果物とアニスの自然な甘さで、これ以上甘くする必要はありません。

ぜひ作ってみてくださいね。

ドイツに興味をもったら…

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

 旅行会話から試験対策まで、楽しくわかりやすいドイツ語レッスン!マンガやレシピ本、新聞まで、あなたのご興味に合わせたテーマでオリジナルのテキストを作成します。楽しみながら勉強しているうちに短期間で文法が身につき、会話もできるようになりますよ~!
ドイツ語塾 スカイプドイツ語会話

 ドイツにご旅行の方へ!携帯を使って通訳いたします
私の通訳者「マイ・インタープリター」

 イタリア語の楽しいレッスン、トスカーナの大自然、おいしそうなサフラン...
イタリアについてはこのブログがお勧め!