2013/01/07

フッ素とナチス

フッ素(フッ化ナトリウム)が虫歯予防に効果的とは、今では「常識」です。


歯医者にいけば、フッ素塗布を薦められますし、市販のほとんどの歯磨き粉にはフッ素が入っています。


アメリカでは水道水の中に入れられているぐらいで、日本でもそうしようという動きが出ています。


私も長年、歯科医や歯磨き粉メーカーの主張に何の疑いももたず使用していました。


ところがこのフッ素、非常に強い毒性をもっていることを知っていますか?


歯に良いどころか、人体に悪影響を及ぼします。酵素の働きを阻害して、神経機能を低下させるのです。


短期的には歯は白く、固く、丈夫になったように錯覚しますが、実際はフッ素が入り込むことにより歯のエナメル質の表面が変化してしまい、もろく欠けやすくなるといいます。


初めてこんなことを聞いたら、「そんなバカな」と思いますよね。


国や自治体、歯科医やメーカーは「フッ素は虫歯予防に有効である」、「フッ素は自然界にも存在しているのだから、適量であれば人体への深刻な影響はない」と言っているからです。


でも、次の事実を知ったらどうでしょう?


ドイツではナチスが強制収容所でフッ素入りの水道水を囚人達に飲ませていた、ということ。


戦後にアメリカが水道水にフッ素を入れる前、フッ素をはじめて水道水に添加したのはナチスでした。


理由は、囚人たちに精神障害を起こさせ、人々を鈍く、従順にさせて、コントロールしやすくするため。


まさかナチスが、囚人たちに虫歯ができたら大変だから...とフッ素を与えたとは誰も考えないですよね。


フッ素投与は、抵抗や脱獄を防ぐため、囚人たちを無力化する手段だったのです。


フッ素はまた、ナチスが開発した神経ガス「サリン」の一成分でもあります。猛毒の原料だと考えると恐ろしいですね。


もともと自然に存在するから安全といっても、自然に存在する水銀やカドミウムが水俣病やイタイイタイ病という公害を引き起こしましたし、放射能もそうですから、この理屈は正当とはいえません。


現在ドイツでは水道水にフッ素は入れられていませんが、ドイツが統一されるまで、東ドイツではソ連によってフッ素が投入されていました。共産主義体性を推し進めるに当たり、反抗しようとする意欲をくじかせ、民衆支配をしやすくするのが目的だったといわれています。


西ドイツではカッセルで1952年~71年まで実施されていたそうですが、現在は中止されています。


今では、フッ素の毒性を認識し、警鐘を鳴らす人がじわじわと増えてきているようです。


とはいえ、フッ素が危険であるという社会的な認知は広く行き渡っているとはいえません。テレビでは歯科医がフッ素の虫歯効果を平然と説いていますし、市販されている歯磨き粉や洗口液には "Mit Fluorid"(フッ素入り)の文字ばかり、フッ素入りでない商品を探すのは一苦労なのが現状なのです。


安全な歯磨き粉を手に入れるには、どうしたらいいのでしょうか。


これについてはいろいろ調べたので、次回書きたいと思います。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


 旅行会話から試験対策まで。楽しくわかりやすいドイツ語レッスン!
ドイツ語塾 スカイプドイツ語会話

 ドイツにご旅行の方へ!携帯を使って通訳いたします
私の通訳者「マイ・インタープリター」

 イタリア語の楽しいレッスン、トスカーナの大自然、おいしそうなサフラン...
イタリアについてはこのブログがお勧め!


2013/01/04

幸運をもたらす煙突掃除人

glueck.jpg
"Schornsteinfeger gelten als Glücksbringer"
「煙突掃除人は幸運を運んでくるとされている」

新年に、煙突掃除人の小さな人形がのったクローバーなどの鉢植えを贈ったりします


あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いします。



さて、ドイツでは煙突掃除人が幸運をもたらすシンボルと考えられています。


昔は煙突が詰まると、料理ができなくなったり、部屋が冷え切ってしまったため、生活ができなくなりました。詰まった煤を払って風通しを良くしてくれる掃除人はいわば「救世主」。ふたたび「幸運」が家に入ってくるようになると考えられたんですね。

今でも、煙突掃除人を見たり、彼の腕や肩や上着の金ボタンに触ったりすると、幸運になれるといわれています。


ところで、この煙突掃除人という職業、ドイツ全国で2万人ほどが従事しているそうです。


それぞれが地域の職人組合に所属しています。


煙突をもっている家の人は、煙突掃除が法律で義務付けられているので、地域組合の煙突掃除マイスターが派遣されてきます。掃除人を自分では選べないのです。


これを「煙突掃除の独占」といって、EU内で問題視されました。自由営業を制限する規制を撤廃しようとする動きが数年前から出てきました。


そしてそれが実現し、実行されたのが、2013年1月1日。そう、今年から、家主は煙突掃除人を自由に選び、料金も自由に交渉できるようになったのです。


煙突掃除業界も競争の時代に入ったわけですね。


今までのやり方だと不透明なところがいろいろあったらしいので、改善するといいと思います。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


 旅行会話から試験対策まで。楽しくわかりやすいドイツ語レッスン!
ドイツ語塾 スカイプドイツ語会話

 ドイツにご旅行の方へ!携帯を使って通訳いたします
私の通訳者「マイ・インタープリター」

 イタリア語の楽しいレッスン、トスカーナの大自然、おいしそうなサフラン...
イタリアについてはこのブログがお勧め!